うり様の壮行会

2017-04-16 Sun : 未分類 
楽しい更新ではありませんが、自分なりに

うり様との最後の時間を刻む意味でアップさせていただきます。


26日の夕方、強制給餌後の改善もあまりなく

もう無理をさせるべきではないと、なんとなく感じた日でもありました。

カラーの重さすら、その時のうり様に負担をかけるべきではない

自由に過ごしてもらおうと決断したのでした。


うり様壮行会


もう7割くらい目を閉じていることが多かったのですが

手を差し出すと、スっと手に乗ってくれました。

これは3人で撮った最後の写真となりました。



うり様壮行会2



そして何やら、まろりあんに引き継ぎのようなことを行っておりました。


この水色のお布団、実は15年前うり様をお迎えした時に

抱っこ袋として裁縫大嫌いな私が作った三角テントなんです。


うり様はまじまじと

うり様壮行会3


中を確認していました。



うり様壮行会4


瀕死だと言われ、何が何でも救おうと思ったあの日、

抱っこしていると夜中の発作も収まった夜・・・

日中も私が家事をしている時も抱っこできるように、上部に紐を通して

首から下げて一日中くっついていたあの日々・・・

そのテントを虹の橋へ持っていってくれれば、きっとうり様も

安心して寝られるかな~なんて思って・・・


そうそう、大事なことを忘れていました。

しばらくカラー生活をしていたので、体のあちこちにほぐしきれていない

筆毛がチラホラと散見していました。


橋にわたってから、クールビューテイーうり様の名に恥じぬよう

超しぺしゃるエステを施しました。


そう、一本たりとも残さずキレイにしたのです。

いつもならモモはさせてくれなかったエステも、全身くまなく

マッサージもさせてくれました。


うり様壮行会5


マッサージが終わりほどなくしてから、うり様は

もう足に力が入らないというのに(片足はほとんど開かなくなっていました)

よじよじと登ってきて、私の胸にしがみつきました。

私にしがみつくというより、まるで私を抱きしめているようでした。


その後は私の布団で一緒にウトウトとしていました。


そして、深夜にさしかかった時、

うり様は虹の橋へ旅立ったのでした。



うり様壮行会6




同時刻に、お友達のインコちゃんたちがキャリキャリと

おしゃべりをしていたというご報告をうけました。

きっと、うり様らしく派手に告知をしながら虹の橋へ渡っていったのだと

思います。

スポンサーサイト

No title

そうだったのですね。
あの青い布は思い出のバードベッドだったのですね。
そして前回のブログの虹の橋を渡られた後の
うり様のお顔が穏やかだったのは、
超スペシャルマッサージも受けていたからなのですね。

最後の力をふりしぼり、胸によじ登ってくる姿
それも経験上わかります。
よこぷんさんに、最後の挨拶を言いに来たのですよね。
あんな小さな体で……と思うと余計切なくなります。

まだまだ悲しみは癒えないでしょうが、
まろちゃんと一緒に、乗り越えてください。

No title

最後によこぷんさんの超スペシャルマッサージを
全身くまなく受けて美人さんで旅たったうり様

2人にとって幸せな年月だったことが本当にしみじみ伝わってきます。
うりまろ一座や、生徒会長の思い出をたくさんありがとう!

よこぷんさん、先日はテレビ電話でお顔を拝見できて少し安心でした。
まろちゃんによこぷんさんのことを、しっかり引き継いでくれた様で頼もしいです。
給食係で忙しいでしょうが、まろちゃん、よこぷんさんのことヨロシクね〜




ななちゅちぃさん

レス遅くなりました。
そうなんです。旅立つ数日前からバードベッドを座布団代わりに使ってもらって、少しでも安らいでくれればなぁと
使用していました。

どんなに呼吸が苦しくて目をつぶったままでも
手を近づけると手に乗ってマッサージで
呼吸が落ち着くのが手に取るようにわかりました。
最後の最後までガッツで私によじ登る
うり様の強さを感じることができました。

夜更かしうり様は、そろそろバードベッドに入って
やっと寝る準備しているかなぁなんて思います。

あんじゅさん

うり様をピカピカにして送り出せて本当に良かったと
思っています。
うりまろ一座の主力女優を欠いて、脇役二人なんとかやっています。
いえいえ、給食係が主力でしたねっ。

先日は急なテレビ電話でちょっと恥ずかしかったですが
まろりあんも初テレビ電話で緊張していましたね。

今度は生身の私で参加させていただきますので
その時はよろしくお願いします。

うり様かわいくてきれいです^^

よこぷんさん、こんばんは。
うり様は、とても虹の橋をわたる直前とは思えないほど、
かわいくてきれいですね!
やはり、うり様です。
まろちゃんに引き継ぎもわすれず、かしこいうり様^^
しぺしゃるマッサージをしてもらって、筆毛をほぐしてもらって、
うり様幸せだったでしょうね^^
よこぷんさんにしがみついて抱きしめたとは。
小鳥も愛する人を抱きしめることが出来るんですね。
涙がこぼれます。

うり様、りっぱです^^
よこぷんさん、大事な瞬間のお話をありがとうございました。

よこぷんさん
ブログ更新、ありがとうございます。何回も読んでしまいます。
うりちゃん、本当にがんばりましたね。ずっと美しくて強くて健気でしたね。
天候不順が続きますが、よこぷんさんもまろちゃんもご自愛下さいね。

まろちゃんのこと

本当に最後までクールビューティーなうり様でしたね☆

私には今何も愛情を注げるものがないけれど(ああ、夫と娘がいました^^;)よこぷんさんには愛らしい給食係のまろちゃんがいます。ありったけの愛情を注いであげて下さい。ペットの動物たちは自分自身さほど痛みや苦しみは感じなくても飼い主の悲哀の気持ちを感じ取って自分も悲しくなってしまうと聞いたことがあります。まろちゃんの心が健やかでありますようによこぷんさんも今まで以上に明るく楽しく接してあげて下さいね^^

No title

さすがうり様、生徒会長の名に恥じぬ素晴らしいお別れです。よこぷんさんのこと最後にしっかり抱きしめるなんて。。。なんという責任感!
ずっとうり様を見守ってきたよこぷんさん、辛かったですね。でも、弱った姿をよこぷんさんに見せるということは、よこぷんさんを信頼していたからできること。二人の絆が強いということですよ!
お別れは必ずきますから... ふだんは忘れてますけど、こればっかりは絶対避けられない。そのときに、これまでの関係が現れるような気がします。
ちなみに、寝顔を決して見せなかったダンディチコは、全く普通に突然、笑顔で旅立ちました。今になってみると、チコとワタシらしいと思います。

諸葛さんはなんだか忙しそうです。きっとうり様の接待に大忙しなのでしょう、うふふ。

こうたったさん

実は今まで自分が育てた子の最後に立ち会えたことが
ほとんどなかったんです。
ひょっとしたら立ち会える器量がまだなかったのかもしれません。
でも、うり様はそんな私を成長させてくれました。
うり様を最後までケアできて、そんな未熟な私を最後に
抱きしめてくれました。
この出会いは本当に宝物です。

こうたったさんいつも見守っていてくださって
本当に感謝しています。

こうたったさん

実は今まで自分が育てた子の最後に立ち会えたことが
ほとんどなかったんです。
ひょっとしたら立ち会える器量がまだなかったのかもしれません。
でも、うり様はそんな私を成長させてくれました。
うり様を最後までケアできて、そんな未熟な私を最後に
抱っこしてくれました。
この出会いは本当に宝物です。

こうたったさんいつも見守っていてくださって
本当に感謝しています。

NAMIさん

いつも温かいコメント本当にありがとうございます。
もっとたくさん皆さんに伝えたい事があるのですが
なかなか気持ちがおさまらなくてゆっくりしか
アップできないのですが、こうやって何度も見てくれてると
思うと、うり様も喜んでくれていると思います。

ゆっくりですが、見守っててくださいね。

まーちゃんさん

コメントありがとうございます。

そうですね、いつまでもメソメソしていると
まろりあんが悲しんでしまいますよね。
私がホロホロ泣いていると、黙ってみているまろがいます。
私の悲しみを引き取ってくれているなら
まろに重みを背負わせるわけにはいかないですもんね。
頑張らなきゃですね。

ワタシさん

うり様って最後まで男前っつうか親方気質満開でしたよ。
自己主張しながらも私を気遣っている感じがひしひしと
伝わってきていました。
確かにお別れはついてまわる運命ですよね。
それに向き合う勇気をくれたのも生徒会長うり様。

ダンディチコ殿は最後まで笑顔だったんですね。
とっても素敵!

諸葛さん、うり様の注文はなかなかうるさいかもしれませんが
どうぞよろしくお願いします!

トラックバック

http://urimarodiary.blog.fc2.com/tb.php/194-be8effd5

コメントの投稿

Secret