脱・卵管脱への道

2015-01-27 Tue : 未分類 
前回に引き続き、卵管脱の経過を報告します。

25日、かけこんだ病院で卵管が突出しないようオチリを縫合し

帰宅して6時間が経ちました。

その間も、うり様はうんPを踏ん張るも出なくて諦める。

頑張って踏ん張っても液体だけが出るを繰り返しました。

このまま一晩様子を見ようか、いや、もう限界なのではないか・・・

悩んだあげく、また病院に電話をかけ事情を話したら

抜糸しましょうということで、すぐさま病院へ。

発情のせいもあり、内部に腫れがあって圧迫されて排出できなかった

ようで、いったん抜糸をして発情を抑える必要があるので

発情抑制のホルモン注射をしました。

休診日で、さらに遅い時間だったにもかかわらず丁寧に処置を

施してくださいました。

帰宅したあと、ほどなくして溜まったウンPをドバドバっと

出して、お腹ぺったりんこになりました。

と、同時に卵管もボッコリと(--;


うり出血6


そしてカラーはあっという間に別物のようにボロボロに。

オチリの縫合をやめてしまったので、また振り出しに戻って

しまい、ウンPをする度に綿棒で卵管を押し戻すという

処置をするので、うり様は近づくだけで、警戒して逃げ回ります。




うり出血7

今回いった病院で学んだことがあります。

私は卵管が飛び出して出血していた時に綿棒で押す前に

ティッシュでキレイに血を拭き取っていました。

そしてティッシュにたくさんの血がついて、怯えていました。

卵管を押し込むときに乾いた綿棒で押し込んでいました。

それが間違った行為だと気づかされたのです。

まず突出した卵管はティッシュなどの吸収するものを当てると

いくらでも出血するそうなのです。

なので速やかに油をつけた綿棒で押し込んでその後オチリを

2分ほど抑えて安定させます。

油はできれば吸収しないタイプのものが(頻繁に行うので吸収すると

油を飲んだのと同じくらいになってしまう)良いということ。

それを知らずに自分で処置していたら、うり様は失わなくてもよい

血液を大量に失うところでした。


日曜日は目を離さずに過ごし、仕事が始まる月曜日

早く帰りたくて帰りたくて、焦って仕事をしていました。

幸い会社から車で10分以内に家があるので、昼休みに帰宅し

オチリを引っ込めて会社に戻ります。

そして一日でカラーが完全に破壊されてしまったので

これもまた、病院でいただいたアイディアで作ったカラーを付け替えました。





うり出血8



コレなんとっ!化粧用パフなんですっ!

病院にくる患者さんのアイディアらしいのですが、資○堂が

良いとの情報だったので、試しに作ってみたのですが

うり様にはバッチリでした。

というのは、まろりあんと同じタイプの皮で作ったカラーを

したのですが、暴れて興奮して頭を打ち付けたり目がうつろに

なったので、これ以上の体力消耗は良くない・・・どうしよう・・・と

悩み、こちらのカラーにしたらケロリとしていました。

偶然とはいえ、こういった情報を得られたことも不幸中の幸い。



うり出血9


まだまだウンPをする度に卵管が突出して押し戻すという処置が

必要ですが、薬の効果を待ち少しずつでも良くなることを祈りながら

うり様と共に頑張っています。


そして、ついつい うり様ばかりに目をやってしまうので

いけないいけないと思い・・・



おさびしまろ



ごめんね~と言いながら、おやちゅ大盛りで、ご機嫌をとってしまう

よこぷんなのでした。


大変長い報告となりましたが、少しでも参考になることがあればと

アップさせていただきました。
スポンサーサイト

本当によかったです!!

こんばんは、ちゅん子です。

よこぷんさーーーん!!本当に本当に、よかったです。
うりさま、よく頑張ってくれました。
よこぷんさん、どれだけ心配だったことか。不安だったことか。
でも、よこぷんさんの看護がよかったんだと思います。
病院に行くという選択や、選んだ病院も。
まろたんも、大事な状況だとわかっていたので我慢してくれたし
きっと鳥語でおねーたんのことを応援していたはずです!!

私は、ずいぶん前のことになってしまいますが
ハニーさんというセキセイインコのお嬢さんを、卵管脱で亡くしてしまったので
卵管脱の恐ろしさはよくわかるつもりです。
間近にいたよこぷんさんは、さぞ恐ろしかったことと思います。
まずは危ないところを脱してくれて、本当によかったです。

まだまだ安心できないかもしれませんが、3人のパワーで
のりきってくださいね。
応援しています!!

うりさま

頑張って耐えて乗り越えて下さい。

良かったです!

よこぷんさん、かなり前に一度だけコメしたものです。
でもうりさままろさま達が大好きで、ずっとお邪魔していました。
うりさま本当に良かったです。
小鳥をしっかり診られる良い病院で本当に良かったですね。
全快を祈ります。
大変なところアップをありがとうございました。

ちゅん子さんへ

ありがとうございます。
まだウンチする度に卵管出ちゃってて、1日に何度も押してます。
出血もしてますが、最初の頃に比べたら失血量も減りました。
まだまだ全快には程遠いですが、焦らず治って欲しいです。

横浜の鳥好きさんへ

ありがとうございます。
私の辛さよりも、うり様が一番つらいのですものね。
根気よく治していくつもりです‼️

こうたったさんへ

励ましのお言葉ありがとうございます。
最初の時からあまり症状はかわってないのですが、適切な処置がわかって少し不安は解消されました。
あとは、うり様の自然治癒力を信じて気長に治して行きたいです。

No title

よこぷんさん、すごい!
うりさま、よこぷんさんがいるから安心ですね。よこぷんさんはうりさまとまろちゃんのこととってもとっても愛してるから心配いらないですよ。苦いお薬も もうちょっともしんぼうですからね。

ワタシさん

いえいえ、全然すごいということではありませんよ。
ただちょっと度胸がついただけです。
家から近いところに鳥を診てくれる病院が見つかったことも
不幸中の幸いですね。
そして一番頑張ったうり様の強さに本当に救われました。
完治するものではないかもしれませんが
少しずつ良くなってきています。
応援よろしくお願いしますっ!

トラックバック

http://urimarodiary.blog.fc2.com/tb.php/43-bd67c791

コメントの投稿

Secret